FC2ブログ

こはるの絵空事

こはるのひとりごと。

おいしい野菜

最近、「タネが危ない」(野口 勲著)
という本を読んで
衝撃を受けました。

知ってました?
今、日本で流通している
野菜のほとんどがF1種だって。

F1種というのは、
一代雑種で、
雄性不稔(ゆうせいふねん)という
花粉のできない突然変異の個体から
作られているタネです。

F1種の野菜は
工業製品のように均一に揃っているため、
箱詰め出荷する際、
規格外として捨てられてしまう
生産ロスを少なくできるそうです。

農家にとっても
収穫しやすく
効率よく畑を有効活用できるという
さまざまなメリットがあるようです。

野菜を安く買えるのも
こうしたタネのおかげともいえそうですが、
雄性不稔って
「子孫を作れない植物」ってことですよ。

「自然ではない」野菜を食べている
私たちって大丈夫なのかしらって
思いませんか?

作者の野口さんは
2007年に欧米で起こった
ミツバチが急に消えた理由を
この雄性不稔の野菜や花が原因ではないか、と
仮説を立てています。

私が怖いと思うのは
自分たちの知らないところで
品種改良された野菜が
当たり前に食卓に上っていることです。

F1種は一代限りなので
農家さんはタネを自家採取できず
毎年購入することになります。

タネを制するものは
食糧を制し、
結果、世界を制することになるのだと
恐ろしくなりました。

昔ながらの固定種は
消えつつあるようです。
形は不揃いですが
味は濃く、栄養価も高い固定種。

この本を読んで、
固定種の野菜を食べてみたくなり、
今度、ネットで注文してみようかと
思っています。

興味のある人、
もっと詳しく知りたい人は
専門書を読んでみてくださいね。

ムズカシイことはわからんけど、
とにかくおいしい野菜が食べたい。
それが本音です。

s_P3240690.jpg

今年の桜は開花してから
満開までが短い!

りんごサクサク気分で。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

左サイドメニュー

プロフィール

こはる

Author:こはる
生きものすべてが好き!
とは言い切れませんが
生きものを観察しながら
空想するのが趣味です。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター