FC2ブログ

こはるの絵空事

こはるのひとりごと。

スライディング・ドア

出会うべき人とは
「その時」会えなくても
必ずどこかで
出会うようになっているみたいです。

「スライディング・ドア」という
映画を観ました。

地下鉄にギリギリ間に合い
帰宅した彼女と
地下鉄に乗れず
タクシーを拾って帰った彼女。

彼女の運命は
ここで大きく分かれます。

こういうちょっとした
分かれ道って
誰にでもよくあることですよね。

でも私たちには
片方の人生しか体験することができなくて
分かれた方の「私」は
どうなったのか
知ることはできません。

でも、
結局どっちを選んでも
出会うべき人とは
遅かれ早かれ出会うように
プログラミングされているみたいです。

自分の運命は
自分で決めることができるけれど、
出会う人だけは
あらかじめ決められているように
思います。

そんなことを
教えてくれる映画でした。

携帯電話が普及し始めた頃の
映画のようです。
携帯電話で時代背景がわかるって
面白いです。

s_謗帛キ晁干魑・蝨・033

気が付けば8月も
残りわずか。
夏休みの宿題が!っていう
夢をいまでも見ます。

りんごサクサク気分で。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

左サイドメニュー

プロフィール

こはる

Author:こはる
生きものすべてが好き!
とは言い切れませんが
生きものを観察しながら
空想するのが趣味です。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター