FC2ブログ

こはるの絵空事

こはるのひとりごと。

選択

「君の膵臓をたべたい」の
映画を観て、ついでに原作も読みました。

高校生の純愛映画なのかな
と思っていましたが、
ちょっと違っていました。

内容をここで説明するのは
無粋なのでやめておきますが、
気になったシーンがあります。

彼女が彼に言うセリフです。

「私たちが出会ったのは偶然じゃない。
まして運命なんかでもない。
君が今までしてきた選択と、
私が今までしてきた選択が
私たちを会わせたの」

その通りだな、と思います。

運命って言ってしまえば
それはロマンチックですが、
私たちが生まれたときから
繰り返してきた選択によって
いまの自分がある。

誰かに無理やり誘われたから
たまたまその道が空いていたから

でも最後に選んだのは自分。

自分では何も決めることができず
ただ流されて生きてきたと思っている人も
それを決めたのは自分ですからね。

私たちの人生は
無数の「選択」によって
成り立っているんですよね。

原作の方がより
彼や彼女の「想い」を
知ることができますが、
映画には映画のよさがあるので、
よかったら観てみてくださいね。

とくに終盤で彼が泣くシーンがあるんですが、
ガマンしていた涙腺が崩壊します。
十代の男の子が
素直に泣くのっていいな、と
思ったり。

s_蟇悟」ォ闃ア魑・蝨・090


いつの間にか8月に突入。
夏は早足でどんどん
進んでいきます。
ぼやぼやしてられない!

りんごサクサク気分で。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

左サイドメニュー

プロフィール

こはる

Author:こはる
生きものすべてが好き!
とは言い切れませんが
生きものを観察しながら
空想するのが趣味です。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター